MENU

持続時間の長さも助かるセレコックス

強烈な痛みではないものの、ほのかに腰の痛みを感じるのは悩みの種になっていました。

 

仕事はデスクワークで座りっぱなしですし、普段からの運動量も少ないです。こうした普段からの積み重ねが鈍い腰の痛みを誘発したのかなと、自分なりに反省点は多くありました。

 

念の為に整形外科にも行きましたが、特に骨などには問題がなく、普通に生活をしても大丈夫ということなので、病院では何も解決にはならなかったです。
それでも病院に行けば、横になってできるマッサージ器の利用ができるので、それ目当てに時々行くことはありました。あまり効果がないので、気休め程度です。

 

ただ日常の会社での業務の時に、少し腰痛が強く出ることがあるのには、困ったなというのは感じました。デスクワークの事務職は、座ったままですので楽ではありますが、同じ姿勢で1日を過ごしますので、腰には大きな負担にはなります。

 

業務で迷惑をかけないためにも、仕事の時の腰痛対策には、セレコックスの服用薬を使うようにしました。

 

腰痛対策にセレコックスを選んだのは大正解であり、それはこのお薬のばあいだったら、服用をしたら持続時間が、ほかの痛み止めよりも長く続くからです。

 

会社でのデスクワークとはいえ、お薬を頻繁に飲んでいたら、同僚たちにも心配をかけてしまいます。

 

ですがセレコックスは1日に1回だけの服用でも、自分の腰痛のレベルであったら対処可能なので、朝飲んでおくことによって、仕事中は痛みを忘れているほどです。軽度の腰の痛みであれば、このお薬での対処はかなり良いと感じています。

 

腰の痛みの原因を考えた時に、ずっと座りっぱなしも良くないと反省しましたので、業務中も1時間に1回は立ち上がり、軽く動くようにしています。

 

会社でもですが、週末のお休みは適度に体を動かす習慣も付けるようになりました。

 

週末は自宅のお掃除を丁寧にして体を動かしてから、公園にウォーキングに行くようになったのです。

 

↓セレコックスの最安値通販はこちら↓

セレコックス,通販,副作用,効果

 

セレコックスTOPはここから