MENU

セレコックスにはどのような副作用がある?副作用の一覧とダメな服用方法

セレコックスは、炎症を抑えて、腫れや発赤、痛みなどの症状に効果があります。

 

しかし、セレコックスは、対症療法として使われる薬ですので、病気の原因そのものを治すために使うというものではありません。

 

よく用いられる疾患は、腰痛症、肩関節周囲炎、外傷後、関節リウマチ、変形性関節症を始め抜歯後です。

 

セレコックスは、炎症を引き起こすプロスタグランジンという物質の合成を抑制する作用機序がありますが、合成酵素COXを阻害するようになります。

 

特に、炎症に関する特定のCOX-2を選んで阻害するため、効果があります。

 

セレコックス,通販,副作用,効果

 

他のロキソニンなどの鎮痛薬に比べると、胃腸へのダメージは少ないとされ、開発されました。ただし、胃潰瘍や胃出血など重篤な胃腸障害を起こす危険性が全くないという薬でもありません。

 

そのため長期服用をしている患者は、副作用の有無を確認するための検査や注意が必要です。

 

腰痛症、肩関節周囲炎、関節リウマチ、変形性関節症の場合には、長期服用となるケースが多いので、定期的に胃腸の検査を受ける必要があるといえるでしょう。

 

他には個人差がありますが、人によって発疹ができたり、喘息の発作を起こす恐れもあります。

 

また、もともとアレルギー体質の方、喘息の方は、医師と相談の上注意して用いることが必要です。

 

また、頻度は多くないにしても腎臓や肝臓の働きが落ちてしまうということもありえます。

 

その他にあげられる副作用としては、心筋梗塞や脳卒中のリスクが少し上がってしまう可能性があるということです。

 

そのため、高齢者の方や長期服用をしている方、持病をその他にも持っている方は適切な経過観察が必要だといえます。

 

一般的に、セレコックスは胃腸障害の少ない鎮痛薬として広まってきていますが、全く副作用がないわけでもありません。

 

そのため、セレコックスを長期服用する必要のある疾患の場合は経過観察を行うとともに、定期的な検査を受ける必要があるといえるでしょう。

 

セレコックスは一日に2回の服用をとされています。用法用量を守らずに、勝手に服用するというのはダメです。医師に指示された通りの服用を必ず守るようにしましょう。

 

例えば、痛みが軽いので朝セレコックスを服用したけれど、夕食後は、服用せずに過ごせたというのは大丈夫です。1回服用したら、少なくとも6時間あけるようにすることも、守って下さい。

 

↓セレコックスの最安値通販はこちら↓

セレコックス,通販,副作用,効果

 

セレコックスTOPはここから