MENU

セレコックスはどんな症状の痛み止めとして効果がある?痛みが和らぐ訳

セレコックスは病院でも痛み止めとして処方されることが多い薬です。NSAIDsと呼ばれる「非ステロイド系」の痛み止めで、従来の痛み止めでは胃が荒れるという副作用があるため、それを改善した薬です。

 

セレコックス,通販,副作用,効果

 

セレコックスは痛みの原因となる炎症を抑える働きがあります。痛みの原因となる炎症はプロスタグランジンという物質によるものですが、セレコックスはそのプロスタグランジンの整合性を抑えることで炎症を沈めて痛みを抑制する効果があります。

 

その仕組みはプロスタグランジンは合成酵素シクロオキシゲナーゼ(COX)を生成するのですが、COXにも種類があります。COX-1は胃の粘膜を保護する役割があり、COX-2は炎症や痛み、発熱を引き起こします。

 

従来のNSAIDsと呼ばれる非ステロイド系の薬はCOX全てを阻害してしまっていたので副作用として胃の荒れや痛みが起こりやすかったのですが、セレコックスはこの中のCOX-2だけを選択的に抑制することができるので、胃の粘膜を保護しながら痛みや炎症を抑制してくれるのです。

 

セレコックス,通販,副作用,効果

 

またセレコックスは従来の鎮痛剤よりも痛みを抑える効果が長く続くため、服用回数が少ないというのが特徴で1日2回の服用となります。ただし服用の際には6時間開けてから飲むようにしなければいけません。

 

セレコックスの特徴は、痛み止めに特化しているという点です。他の鎮痛剤には解熱効果があるものも多いのですが、セレコックスは炎症を沈めて痛みを改善することのみに効果を発揮してくれます。

 

セレコックスの副作用として、従来の痛み止めよりも起こる可能性が低いとはいえ胃を荒らしたり痛みが生じてしまう可能性がゼロではないので、注意が必要になります。

 

他には吐き気や嘔吐、発疹が起こったり、アレルギー体質の人は喘息の発作を起こす可能性があります。また、心筋梗塞や脳梗塞の発生リスクがわずかですが上昇する花王性もあると言われているため注意が必要です。

 

↓セレコックスの最安値通販はこちら↓

セレコックス,通販,副作用,効果

 

セレコックスTOPはここから