MENU

抜歯のの痛みや外傷の痛みがセレコックスで治まる理由

セレコックスとは抜歯後など歯科や口腔外科で使えるようになった新しい痛み止めです。2011年12月より健康保険適応になっています。

 

セレコックスはそれまでは関節リウマチや変形性関節症の痛みを和らげることに使用されていたのですが、新しく抜歯後の炎症を抑えたり、鎮痛に効果的であるということがわかり、厚生労働省が使用目的を追加承認しました。

 

セレコックス,通販,副作用,効果

 

それまでの痛み止めの代表であった非ステロイド系消炎鎮痛剤との大きな違いは、使用しても胃が荒れにくいという点です。

 

今までは抜歯後に処方されていたおもな痛み止めは、ロキソニンやボルタレンなどでした。どちらの薬も鎮痛効果がとても強いのが特徴です。

 

しかしボルタレンにはガン患者にも処方されることのあるくらいの強い鎮痛効果があるのですが、その強い鎮痛効果と引き換えに胃が荒れる副作用が出やすいことで有名で、とくに胃が弱い人や空腹時の内服は絶対に避けるように指導されているのです。

 

2週間の間、ボルタレンを内服し続けると、内視鏡検査で20パーセント以上の人に消化性潰瘍などの胃粘膜の異常が現れたという臨床結果も実際には出ています。

 

ロキソニンの方はというと、ボルタレンよりかは比較的胃が荒れにくいとされているため、一般の人が最も使用されている消炎鎮痛剤と言っても過言ではありません。

 

しかしロキソニンもまったく胃が荒れないというわけではありません。

 

これは痛み止めが痛みをブロックする力と、胃の粘膜を修復するのを邪魔する力が同じプロセスで起きているために、痛みを止めると同時に一方で胃が荒れてしまうのです。

 

セレコックスはこうした欠点を改善している鎮痛剤であるといえます。セレコックスはロキソニンと同等以上の鎮痛効果を持ちながら、胃腸トラブルになりにくい画期的な痛み止めであるのです。

 

ただし薬の値段はロキソニンなどよりも少々高めであります。しかし胃の弱い人などは試してみる価値のある痛み止めです。

 

↓セレコックスの最安値通販はこちら↓

セレコックス,通販,副作用,効果

 

セレコックスTOPはここから